教員紹介

農学研究院

小池 聡准教授

自身の専門研究内容について

ウシはなぜ草だけ食べて大きくなれるのかを研究しています。一番の鍵は消化管に共生する微生物の働きにあります。小さな微生物が集団で機能して大きなウシの栄養を支える仕組みを解き明かし、将来的には人間と家畜が食糧競合することなくミルクや肉をより効率的に生産する方法に役立てたいと考えています。

PAREプログラムに参加する学生に期待すること

Be ambitious! どうしよう、やってみようかと悩んでいるのなら、是非やってみましょう!

今まで実施したスクールで印象にのこっている出来事

新型コロナの流行直前に開講したスプリングスクール。現地で多くの予定を変更せざるを得ませんでしたが、苦難を共に乗り越えた学生たちの笑顔と涙が印象に残っています。今後、さまざまな場面で予期せぬ出来事が起こっても、正面から問題に立ち向かっていってほしいと思います。

今後のプログラムの展開に期待すること

オンラインで多くのことができるようになりましたが、人と人との直接の繋がりの大切さを実感できるプログラムであり続けて欲しいと願っています。同時に、オンライン教材の内容の充実化も必須であると考えています。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る