修学制度(プログラム)の概要

PAREプログラムの概要

PAREプログラムとは、2012年、文科省平成24年度事業「大学の世界展開力強化事業」に採択された教育プログラムとしてスタートしました。正式名称を「人口・活動・資源・環境の負の連環を転換させるフロンティア人材育成プログラム (英名:Graduate Program for Fostering Frontiers of Practical Solutions in a Population-Activities-Resources-Environments (PARE) Chain )」といいます。

「大学の世界展開力強化事業」は、前述のPARE(人口・活動・資源・環境)の4つの要素に関連する問題を解決し、アジアの発展に主導的な役割を果たす人材の育成を目指しています。また国際的な枠組みで、単位の相互認定や成績管理等の質の保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の戦略的受入を行う東南アジア諸国連合(ASEAN)の大学等との大学間交流の形成を行う事業に対して重点的に財政支援することを目的としています。

この目的を達成するため、北海道大学ならびにアジアを牽引しているタイの3大学とインドネシアの3大学で大学院教育コンソーシアムを形成し、教育の質の保証を伴った交流プログラムを実施してきました。

参加大学

  • インドネシア:ボゴール農家大学、バンドン工科大学、ガジャマダ大学
  • タイ:チュラロンコン大学、カセサート大学、タマサート大学

PAREプログラム内容

プログラムは「基礎科目」「発展科目」「専門科目」と大きく区分され、全て英語で行われます。PAREプログラムは自身の分野専門知識だけでなく、分野横断的な知識の習得をゴールにしています。
「基礎科目」は、PARE課題の解決の基礎力となる一連の講義「Introduction to PARE」および、フィールド実習と演習からなる短期研修「サマースクール」「スプリングスクール」から成り立っています。サマースクール、スプリングスクール参加者は最低1単位の「基礎科目」の受講が必須です。
長期留学を希望する学生のためには、「発展科目」「専門科目」が用意されています。「基礎科目」受講後、パートナー大学に留学し、PARE課題に関する講義の受講や研究を行い、さらに深い知識や経験を身に付けることができます。
PAREプログラム参加後は、PAREプログラム修了者で構成される「PARE同窓会」に参加することができます。それぞれの国・大学に広がるPARE同窓会ネットワークを通し、アジアの問題解決および発展に貢献にするために、プログラム終了後も引き続き情報交換を続けていくことができます。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る